ケアプラン居宅介護支援

ケアプランとは

介護保険サービスは、どのサービスをどれくらい利用するかという計画に基づいてご利用いただきます。その計画がケアプランです。
私どもが承る在宅サービスのケアプランについて、流れにそってご説明致します。

STEP1 訪問面談

担当ケアマネジャーがご利用者様宅を訪問します。
ご利用者様の身体状況、生活のご様子、

ご希望のサービスや事業者、困っていらっしゃること、

不安なことなど、詳しくお伺い致します。

デイサービス等の体験利用をお望みの場合は手配いたします。

STEP2 アセスメント・ケアプラン原案作成

訪問面談の内容から、ご利用者様が自宅で生活を続けるために、どのような問題を抱えていらっしゃるのか、解決すべき点は何かを分析します。
解決のために、どのようなサービスをどれくらい利用するべきかを判断し、ケアプランの原案を作成します。併せて、サービス提供事業者の紹介もします。

ケアマネジャーより

何に困っているのか、介護サービスを利用してどのような生活を送りたいのかをお伝え下さい。
近所にどのような事業所があり、どれくらいの費用で利用できるのか、どのような効果が期待できるのかをご説明致します。

STEP3 サービス提供事業者との契約・サービス担当者会議・ケアプラン決定

ケアプランの内容に納得いただけたら、利用するサービス提供事業者との契約です。
引き続き、ご利用者様・ご家族様、サービス提供事業者、ケアマネジャーが出席するサービス担当者会議を(原則ご利用者様のお宅で)行います。
会議の内容は、サービス利用にあたっての打ち合わせです。

例えば、デイサービスのサービス担当者会議では、事業者からデイサービスの内容の説明があり、ご利用者様からデイサービスでやりたいことなどを伺い、それに合わせて利用日を決定します。気をつけて欲しい点なども事業者に直接伝えます。

訪問介護では、ご自宅に伺ってのサービスになるため、使って良い物品の置き場所などの約束事や、分刻みのスケジュールといった念入りな内容になります。

ご利用者様・ご家族様、事業者全員が共通認識に立ち、納得が得られたらケアプランが決定となり、サービスが開始されます。

STEP4 サービス開始のあとは…

homesupport_pict05毎月、ご利用者様・ご家族様、事業者双方から状況を聞き記録します。
内容にご不満や問題がある場合の調整、利用日の決定はもちろん、ケアプランが適切かどうか、ご利用者様とのコミュニケーションを欠かしません。
サービス内容に変更がある場合は、同じ手順でケアプランの変更をします。